8/2 SPORTS X Conference2018に登壇しました。

今年も8/2-3でKeio SDM主催のSPORTS X CONFERENCE 2018が開催されました。
毎年スポーツに関わるすべての人に開かれた日本発世界に向けたカンファレンスであり、様々なスピーカーが様々なトピックで語り、参加者の方々とディスカッションする姿が会場内のあちらこちらで見られます。

昨年も「スポーツ×ICT×健康経営」〜みなかみ町の事例に見るヘルスツーリズムの未来〜というテーマで、パネリストの一人としてお話をさせて頂きました。

今回はNPO法人スポーツセーフティージャパンを代表して、我々NPOのアドバイザーも務めて頂いている細川由梨さんと一緒に「スポーツにおける安全性とは何か?~NCAAの安全管理体制を参考に考える~」というテーマで対談形式でお話をさせて頂きました。他にも興味深いスピーカーの方々が多数話され、交流会などでスポーツを取り巻くあらゆるプロフェッショナルと繋がる機会でもあります!

スケッdd.png
スケッチ (6).png

我々の話を聞いて頂き、会場から質問して頂いた方の言葉に今回のカンファレンスでお話出来た意味が凝縮されてました。

〝安全を担保するのが医療の人間がやる事という考えに偏りすぎている。もっと様々な方が関わって行く必要がある “と。

私達もその為に多くの方にスポーツセーフティーを広げて来ましたし、関わる人間を増やす事を根気よく、しかしスピーディーに今後も進めて行きたいと思います!

カンファレンスでサポートして下さったスタッフの皆さん、会場でお話を聞いて下さった皆さん、そして今回一緒に登壇してくれた細川さん!ありがとうございました!最後はXポーズで!

38258917_10217005264549597_6406265118681726976_n[1].jpg
38242741_10217005265269615_4287914470073696256_n[1].jpg