サッカーハイチ代表サポート|キリンチャレンジカップ

10/7土曜日から10/10に行われたキリンチャレンジカップのために来日したハイチ代表チームをホテルでのケアを中心にサポートしていました

ヘッドトレーナーがアメリカ時代ペイトリオッツでサマーインターンした時の同期だったのがキッカケでした。日本に試合で行くから手伝ってくれと声をかけてくれました。七年ぶりに再会し、当日の試合は観客席から楽しませてもらいました。試合前の3日間はホテルの一室をメディカルルームとして、友人であるATC/PTのLeonardとハイチから来ていたマッサージ師の二人体制でケアをしていました。。

彼は母国であるハイチのスポーツ医学やアスレティックトレーニングの環境を変えたいと語ってくれました。AT/PTでありながらPhD課程も最終学年とのこと。他数名のハイチ人でアメリカで働く仲間と組織を作り、ハイチの国の為に適切な知識を伝える場やイベントを通した活動をしているということでした。

こうやって日本にいても他国のサポートをするのがALIGNEの事業の1つです。今回は物理療法器具のサポートなど多方面から多大なお力添え頂きました。本当に感謝です。

チームとホスト側の間に入って調整役として動くことを得意としています。アスレティックトレーナー/通訳として機能できるのも強みです。スポーツ現場で活動してきたからこそ、チーム側が求めるものやホスト側に期待していること。また、ホスト側としてどういった観点で海外チームを誘致もしくはサポートすると彼らが試合だけに集中できるのか。

2019ラグビーワールドカップ, 2020東京オリンピックを見据えてキャンプや大会誘致活動及び実施に向けた取り組みの準備を進めている団体や地方自治体の皆さん、是非お声掛けください。あらゆる海外スポーツチームのサポートを請け負います。