群馬県みなかみ町でヘルスツーリズム

Photo credit from 合言葉は「GO WILD!in みなかみ」 バイオリズムを整える自然豊かなフィールドへ | https://www.turns.jp/read/4669

Photo credit from 合言葉は「GO WILD!in みなかみ」 バイオリズムを整える自然豊かなフィールドへ | https://www.turns.jp/read/4669

丸の内朝大学の『Go Wild in みなかみクラス|フィールドワーク』にアスレティックトレーナーとして参加させて頂きました。

群馬県みなかみ町での2日間から東京に戻ってからの一週間、頭のスッキリ感と集中力が研ぎ澄まされていたのには本当に驚きました。知らず知らずのうちに都会の雑踏から無意識の緊張とストレスを受け続けていると心身共に何がいい状態なのかがわからなくなることがきっとあるのだろうなと思います。

もっとゆったり呼吸をして、心もからだも解放してあげる時間が必要。

今回のフィールドワークでは最高の環境下で食・からだ・睡眠を通して自分と向かい合う素敵な機会でした。クラスに参加されていた方々も様々なバックグラウンドをお持ちでアクティブな方が多く、カラダを感じるワークでも反応がとても良かったです。

フィールドワークの様子は以下の記事に譲るとして、自分が担当させて頂いた初日夜と2日目朝のストレッチに関して少し振り返ってみたいと思います。

第6回 旅から「移住」へ みなかみ町の魅力

フィールドワーク GO WILD in みなかみ Day1

フィールドワーク GO WILD in みなかみ Day2

心の見える化は『One Tap|フィジカルトレーニング&体調管理クラウド』を毎日入力してもらうことで、自身の心の変化を客観的にみることができました。

 

minakakmik.jpg
minakami.jpg

 

からだの見える化はまず初日夜に少し照明を落とした部屋で各自自身の身体のチェックからしてみることにしました。

日常生活ではデスクワークやスマホを含め身体の前面でほとんどの動きを行っています。目、鼻、口や耳も顔の前面に集約されていますよね!?
情報に耳を傾けたり、自分から何かを見よう見ようと前に前に。

からだも一緒で自分の頭、首、肩、背中、お尻、膝、足首などなどを一つ一つ意識する時間はきっととっても少なくなってしまっています。つまりは自分のからだなのに自分のものとして認識できない。そんなことが普通に起こってしまっているのです。

からだは部分で機能するのではなく、全体性・連続性という中で3次元的な動きで成り立っています。

今回は小関トレーナー考案の”ヒモトレ”を使って、からだの輪郭を無意識に感じてもらうワークを行い、上半身と下半身の繋がりや全体性の中の力の伝わりを体感してもらえました。※ヒモトレとは?

個人差はもちろんありますが、2人ペアで沢山の反応の声が聞けました。

その後、仰向けで呼吸を意識してのストレッチを入念に行いました。就寝前に少しの時間でも息をしっかり吐いてあげて、副交感神経優位へ。心地よい眠りへ入っていける時間を作ってあげましょう。

2日目の朝は芝の上でダイナミックストレッチ。二人組で行うストレッチも加えました。

日常の中に出来るだけ手軽にやってみようと思える身体へのアプローチを今は探求しています。

運動を既にされている方は長く続けるためのセルフケアやトレーニングを、
全く身体へ無頓着な方は”もっと楽に自由に動ける”からだを知ることから。
そして、どこかに不調や痛みがある方はその原因を知ることから。

今回のように貴重な機会の中で少しでも多くの方に伝えていけたらと思います。

自分のカラダに最近向かい合ってないな〜、もっと楽になりたいなと思う方は是非一度パーソナルセッションへお越しください。お待ちしています!!